FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】

| スポンサー広告 |
金沢の文豪・徳田秋声
金沢には近代文学史に名を連ねる著名な3人の作家がいます

徳田秋声(とくだ・しゅうせい)、泉鏡花(いずみ・きょうか)、室生犀星(むろお・さいせい)です。

地元では親しみと敬意を込めて「金沢の三文豪」と呼んでいます。

今回はそのうちの一人徳田秋声をご紹介します


明治4年~昭和18年(1871~1943)

当時は明治維新後の混乱期であり、武士にとっては苦しい時代でした。

家計が苦しい秋聲の一家はかつて金沢に流れるつ浅野川界隈を転々とし、

東茶屋街の芸妓さんたちの艶やかな姿を見る機会がよくあったようです。

秋聲は「女性を書かせては神様である」と言われています

pic01-02.jpg

ここは卯辰山公園にある徳田秋声記念碑

本のような形の記念碑でかわいいデザインです

120427_1716~0001


かつては秋声も本を片手に卯辰山を登り、

ここから見るこの景色を眺めながら物思いにふけっていたんでしょうね~シミジミ

120427_1720~0001

■徳田秋声記念館
住所:金沢市東山1-19-1
TEL:076-251-4300
【 2012/05/07 】

| 金沢文化 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<金沢の文豪・泉鏡花 | ホーム | 五月晴れ!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sakurainc.blog113.fc2.com/tb.php/49-6efb97f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。